読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atelier:mitsuba

i love UI/UX, Blend, XAML, Behavior, P5, oF, Web, Tangible Bits and Physical computing. なにかあればお気軽にご連絡ください。atelier@c-mitsuba.com

その13:Effect効果をつけよう。

連載:0から始めるExpression Blend 4 再入門

Expression Blendでは、各コントロールにエフェクトを付けることができます。
今回はボタンを例にしてみましょう。

1.ボタンを置いて、AppearanceパネルのEffect Newボタンをクリックする。

2.デフォルトではBlurとDrop Shadowが用意されています。
はじめにBlurを選択してみましょ。

3.すると、文字とグラデーションにぼかしが入りました。
ぼかしぐあいはRadiusで調整することができます。

4.つぎにDrop Shadowです。
Drop Shadowでは色や透過度、影の付ける角度などを調整することができます。


また、エフェクトはMicrosoft HLSL(High Level Shader Language)というC言語に似たピクセルシェーダー用Effecの言語で自分で開発することができます。
かっこいいEffectを作った場合は是非公開してください!