読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atelier:mitsuba

i love UI/UX, Blend, XAML, Behavior, P5, oF, Web, Tangible Bits and Physical computing. なにかあればお気軽にご連絡ください。atelier@c-mitsuba.com

K2のブーツがすぐ壊れたので自分で修理した

f:id:c-mitsuba:20141217193626j:plain

事の顛末はこう。
去年の1月ごろ買って、今年の2月頃に、シューレースがちぎれた!
メーカーはK2で、買った時に型落ちだった2012年モデルの新品。
買値は確か18000円ほどだったきがする。
保証は1年なので、もう利かない。
とはいえ、1.5シーズンぐらいしか使ってないのに買い換えるのももったいない。

そこで修理パーツを買おうと、ムラサキスポーツに行ってみる。
いろいろ話すとどうやら修理パーツはメーカーによって異なるので、取り扱えないらしい。
で、K2に問い合わせてもらうと、ブーツを送ってもらって、あちこち点検して、紐変えて5000円ぐらいらしい。

たかが紐が切れただけでそれ以外は新しいので、紐だけ送ってもらえるようにお願いするもだめ。
サードパーティのパーツもないらしい。

埒が明かないので、K2に自分で聞いてみることに。
するとメールフォームもなにもなく、会社概要にあるのは電話番号だけ。
電話してみると担当のお兄さんがでてきて、事情を話すも、修理はうちでやっていないのでわかりませんとのこと。
いろいろあれこれ聞いてみたけど、なにもわかりませんできません、とりあえずものを修理部門に送ってみないと何もできませんと言われてしまった。
自分のとこの製品じゃないの、、、と思ったけど、呆れてしまったので、自分で直すことに。

いろいろ調べてみると、どうやらケプラーコードっていう紐が使われているらしい。
この紐に辿り着くまでなかなか時間がかかりました、、、
特殊素材みたいであんまり売ってないのだけど、今回はAmazonからげっと。
買ったのは1.5mmだけど、元のやつより割りと細かったので、2mmとか2.5mmがいいかも。
長さは1.5mもあれば失敗しても大丈夫です。

先端をアロンアルファで固めて、もとあったように紐をとおしていくだけ。
取っ手とブーツをくくるところはユニノットで締め上げればOK
うまく直ったんで今年はこれで滑ります。

とはいえ、サポートが電話しかないのはいまどきどうかと思うし、対応もひどかったのでもうK2製品は買いません。