読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atelier:mitsuba

i love UI/UX, Blend, XAML, Behavior, P5, oF, Web, Tangible Bits and Physical computing. なにかあればお気軽にご連絡ください。atelier@c-mitsuba.com

スキルセットと理想と少し夢の話。

今年の抱負じゃないけど、年も変わって、少し見直しっていう意味も兼ねて。


去年はなんだかんだで、とある会社で仕事したり、とある社長さんとお話させてもらったり、いろいろ活動できた年でした。
年末には面白い出会いもあり、普段言わない少し未来の話もちょっとだけ話したりしました。


あたしが尊敬している凄腕プログラマーさんたちは「あたし」=デザイナーっていう風に思われている気がしてる。
あたしが尊敬している素敵デザイナーさんたちは「あたし」=プログラマーっていう風に思われている気がしてる。
あたしのやってることをいろいろ見てくれてる人は、その両方をできる人だっていう風に思われている気がしてる。




ある人とペアを組んで、相方がデザイナーだったらプログラマーになればいいし、相方がプログラマーあったら、デザイナーになればいいって思ってる。
それがあたしのスタンスっていう風に思ってる。
でもって、デザイナーとプログラマーの中に入るなら、通訳とかその橋渡しをできる人になれていればいいなって思ってる。
それがあたしの役割なのかなぁって思ってる。
もし、3人で仕事をしていて、デザイナーとプログラマーで息があってきて、あたしが必要とされなくなったら、両手を上げて万々歳って言える成果なんだろうなぁって思ってる。


これがエンジニアっていうのかプログラマっていうのかデザイナっていうのかマネージャっていうのかプロデューサーっていうのかディレクターっていうのかわからないけど、そういう風な仕事をしていければいいなって思ってるしやってきた気がする。
だから、あまりに人数が多いのは少し苦手。


でも、デザインとプログラムの両方に関心があるあたしの強みだし、スキルセットだと思う。


単純に、自分が面白いと思えないもの、体験できないもの、使いにくいもの、素敵だと思えないものは作りたくないっていうのも気持ちもあったりする。


言い替えれば、どうすれば素敵になるか、面白くなるか、使いやすくなるか、っていうのを提案していくのはとても楽しい。
それってデザインの力だと思う。
ただ、それを絵空事だったり机上の空論にしないためには、作って、魅せて、信頼性を高めていくのがいいと思う。
それってプログラムの力だと思う。


でもって、デザインとプログラムの力を発揮するには、報酬だったり、ソリューションへの愛情だったり、あるいは自分が使いたいだったり、なにかしらの欲求だったりすると思う。
もちろん報酬が0だったら、短期的なモチベーションにもならないけど、愛情がなければ長期的にモチベーションは維持できないと思う。


お客さんだったりプロジェクトメンバーだったりユーザーだったりが、愛情が持てるようなソリューションになるように提案できる人になれればいいなって思う。
そのためには、もっとインターフェースだったり、心理学だったり、仕掛け学だったり、プロトタイピング能力だったり、いろんなプラットフォームのプログラミング能力だったりを付けないといけないなぁって思う。
これが理想のあたし。


でもって、いつかは、先生になりたいなぁなんてことを思ってたりする。
それが大学の教授か、非常勤講師なのか、高校の先生なのか、専門学校の先生なのかはわからないし、大学も学部卒であれば、教職もとってないし、もちろん教育学部なんかでもない。


でも、プログラミングの楽しさだったり、インターフェースの重要さ、面白さ、デザインの必要性、なにより、頭に思い描いたシステムだったりデバイスだったりサービスだったりを自分で実現して、人に素敵だねって言ってもらえる素晴らしさを伝えたいなぁって思ってたりする。


目の前に学ぼうとしている人たちに、手を変え品を変え、いろんなデザインとかインターフェースとかシステムとかプログラムとか見せて、それぞれが何に対してどういう風に感心を持つか見てみたいし、他の人ができないような思いつかないような、ひょっとしたら無駄なんじゃないのって思われるような道も提示したい。
でもって、感心したその道の入り口をサポートして、あたしをぴょんって超えてって欲しい。


ぱたぱたしながらも「Windows 8 UI/UXデザイン入門」と「iOS フラットデザインの作法」のデザイン本を出版しました。
すると、ブログでメモだったり感想だったりを書いてくださっている方々を見つけることがあります。
こういうのって著者として、とーーーーーーーーーーーっっっってもうれしいです。
自分やプラットフォームの考えだったり思想だったりから、言葉を拾い集めて、ここが響いたって言ってもらえると、伝わってるんだなって思えてとても励みになります。




時々、専門学校のページとか見たりしてるけど、やっぱりまだ早いし実績も足りないのかなぁとか思ったりもする。
それに、お仕事してるとやっぱりまだまだ経験不足だったり実力不足も実感する。
ぱそこんの世界って、明日にはどうなっているかわからない世界だから、今日より明日はもっと実力不足を感じるかもしれないけど、実力不足を感じるポイントがちょっとずつ入れ替わっていけるように動きたいなぁって思ってる。


でも「素敵なものを伝えれる」人になりたいし、欲張って言うと、「素敵なものを伝えれる人を育てられる」人になりたいなぁって思う。あたしが思う素敵なものは、「想像力」と「創造力」かなぁ。
そんな風に生きていければいいなぁって思う。
そんなちょっとした夢。


さて、今年なにしよう。