読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atelier:mitsuba

i love UI/UX, Blend, XAML, Behavior, P5, oF, Web, Tangible Bits and Physical computing. なにかあればお気軽にご連絡ください。atelier@c-mitsuba.com

vue.jsでMVVMパターン その5:VMのプロパティに値をセットする。

初期値に10と2が設定されていて、=ボタンを押すと計算ができるサンプル。
f:id:c-mitsuba:20160221220059p:plain
f:id:c-mitsuba:20160221220103p:plain

前回と違って、VM初期化時にdataのプロパティを作っておいて、あとから値を設定するかんじに書き換えてみた。

<html>
<script type="text/javascript" src="http://jp.vuejs.org/js/vue.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-2.2.0.min.js"></script>
<script>
 $(document).ready(function(){
	   //Model ホントはAjaxとか
	   //必要なデータを取得して、プロパティに設定する
	 	function getData(){
			vm.$set('data1', 10);
			vm.$set('data2', 2);
		}
		
	 	//ViewModel
		var vm = new Vue({
		    el: "#demo",
			//dataのプロパティ一覧を設定しておく
		    data:  {
		        data1:0,
				data2:0,
				answer:null,
		    }
		});
		
		//initialize
		getData();


		//イベント		
		$("#calc").on('click' , function(e){
			vm.answer = vm.data1 + vm.data2;
	    });
		
		
	}
);
</script>
<!-- View -->
<body>
<div id="demo">
    <input v-model="data1" number type="number">
	<p>+</p>
    <input v-model="data2" number type="number">
	<button id="calc">=</button>
	<p>{{answer}}</p>
</div>
</body>
</html>

次も書き換えていきます。