読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atelier:mitsuba

i love UI/UX, Blend, XAML, Behavior, P5, oF, Web, Tangible Bits and Physical computing. なにかあればお気軽にご連絡ください。atelier@c-mitsuba.com

Expression Blend for Visual Studioでたよ

MetroStyleApps Expression Blend

Windows 8 CPになって、Metro Style Appsが開発できるExpression Blendが公開されました。
Metro Style AppsのプロジェクトはDP時代のプロジェクトは開けませんので、もちろんBlendでも開けません。

きちんとHTML版とXAML版がありますね。

XAML版にはグリッドアプリケーションと分割アプリケーションのテンプレートがあります。
以前からそうでしたがBlendでもここにテンプレートプレビュー出して欲しいです。

分割アプリケーション

グリッドアプリケーション

テンプレートがついたものには、すでにデータがバインディングされています。
が、日本語表記はまだまだ改善の余地がありそうです。

ExtentionsにはPsdインポートが確認できます。
個人的にはPsdよりAiを!という気がします。

テンプレート編集機能があるのはとても助かります。

ただまぁこの機能はCPになってVS11にも採用されているので、そんなにBlendのアドバンテージにはなりませんね。


まだビヘイビアもありませんが、いくつかMetro用のコントロールが確認できますね。

Windows Phoneでいうデバイスパネルにあたる、プラットフォームパネルがあります。
プラットフォームパネルではテーマを切り替えたり、タブレットの枠を消したり、デプロイ先を変更したりできます。
スケーリングのオーバーライドをチェックすると、それぞれの解像度に合わせた画面表示をプレビューできるのは素敵ですね。

VSMはBlendだけの機能ですね。これがないとコントロールの細かいスタイルが設定できないので助かります。

特に使い勝手も今までと変わらない感じですね。
前に「Visual Studio 11をExpression Blend風にする」という記事を書きましたが、
おそらくBlendを使う理由は、今のところVSMとストーリーボードしかありません。
http://d.hatena.ne.jp/c-mitsuba/20120124/1327407146

ビヘイビアもほしいですが、はやくサンプルデータセットとかデータストア周りを実装してほしいですね。
といっても、VS11をだましだまし使うよりは、やっぱりこのUIが使い慣れていてしっくりきます。