読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atelier:mitsuba

i love UI/UX, Blend, XAML, Behavior, P5, oF, Web, Tangible Bits and Physical computing. なにかあればお気軽にご連絡ください。atelier@c-mitsuba.com

教祖様の進路相談。

雑記 蜜葉的思考

いま、某きょーじゅにプロジェクトを一つ任されてる。

統括から開発まで全部。

コンテンツはSilverlightで作ってるんだけど、9割完成。

あとの1割は、素材データの編集かな。

でも人を使う側は好きかもしれない。

や、開発が嫌だというわけじゃなくて。

自分のプランとチームの知識、技術力を最適化するのが面白い。

蜜葉はそこそこにデザインソフトも触れるつもり

いちおうフロー書いたり、それなりにコードもかけるつもり。

でもやっぱり、それを本職としてる人の足元にも及ばない。

他にもっとできるやつなんて、あの学校の学部生でもいる。

すると教祖様は、蜜葉のウリは、情報の吸収力と応用力だといわれた。

なかでも一番強くいわれたことは

「君は東京にいったほうがいい」

院に進学するにしても、就職するにしても。


関西で学んだものや、人間関係は、とても大事。

でも、それで満足してはだめ。

君の力が一番効率よく発揮できるのは、

情報が一番集まるところで、たくさんのものを見て、触って

開発や製作の職人になるより、

統括、企画をやりなさいといわれた。

院に行くのは、君の得意なやってみた、やりたいを最大限に発揮するとイイ。

でも博士を取るなら、研究者として、茨の道を覚悟した時に進みなさい。

ともいわれた。

いま、蜜葉の周りにあるのは、大事なものなのに壊れにくいもの。

そこから離れて、自分の手の届かないかもしれない領域に手を出してみるか

悩んでるかといわれると、そういう訳じゃない。

ただ、ほんの少し決心がつかないだけ。

それでも、やっぱり

リスクなんて後回し、やりたいことをやる、出来ないと言われればチャレンジする。

なんとかなる、なんとかやってみせるが、蜜葉らしいか。